「奈緒ちゃん」「ぴぐれっと」そして「ありがとう」へ

てんかんと知的なハンデを持つ奈緒ちゃんが

家族に育まれ家族を育んだ25年のアルバム

 

ヒューマンドキュメンタリー映画

『ありがとう ー「奈緒ちゃん」自立への25年ー2006年/カラー/1時間45分

 

【キネマ旬報文化映画ベスト・テン5位】【フランスFIPA映画祭招待作品】

平成17年度文化庁映画芸術振興事業

企画・製作:映画「ありがとう」製作上映委員会 いせFILM

 


Flyer

画像をクリックすると大きな画像でご覧になれます。

Movie information

作成中

Introduction

 

「”ありがとう”って言って」

映画を観る一人ひとりに奈緒ちゃんは問いかけます。

 

演出・伊勢真一(2006年)

「ありがとうって言って」が口グセの姪っ子の奈緒ちゃんの言葉をそのままもらってのタイトル「ありがとう」は、私が奈緒ちゃんに言いたいお礼の言葉でもあります。

25年間も撮影させてもらってありがとう、と・・・。

 

クランクインは奈緒ちゃんが8才の冬、家族そろっての初詣のシーンでした。

てんかんと知的障害を合わせ持つ奈緒ちゃんは、長くは生きられないのではないか、という両親やまわりの人達の心配をブッ飛ばして、薬の世話になりながら今も、元気一杯です。

病気があっても元気な奈緒ちゃんの姿を撮影して、家族のアルバムのようなものを創ってブレゼントしよう。そして奈緒ちゃん一家を励まそう、という思いて始められた映画創り、気がついたら25年の歳月を記録していました。

 

奈緒ちゃんはびっくりするほど成長しました。

自分だけが元気に成長したわけではなく、お母さん、お父さん、弟の記一にも大きな影響を与え、家族全員を育んで来たように思います。

「育み、育まれる家族のしあわせ」という言葉は前作の映画『奈緒ちゃん』のキヤッチフレーズですが、その家族の中心に居たのは常に奈緒ちゃんでした。奈緒ちゃんがいて良かった・・・と家族は口を揃えます。そして、家族だけでなく、地域の人たちや仲間たち、奈緒ちゃんにかかわるみんなを育ててくれたと思います。もちろん、私を含めた映画のおじさんたちにも「しあわせ」のオーラのようなものをたっぷり振りまいてくれ、こうして素敵な映画を創らせてくれました。

多分この映画を観る一人ひとりにも「しあわせ」をメッセージしてくれるにちがいありません。

 

「しあわせ」のカタチは似ているけど「不幸」のカタチはそれぞれに違う・・・というらしいけど、私は「しあわせ」のカタチはそれぞれに違うのだと言いたい。

「不幸」と思い込むことよりも、一人ひとりがそれぞれの「しあわせ」に気づくことが大切なのだと思うのです。奈緒ちゃんは何よりもそのことを私に教えてくれました。「ヨカッタサガシ」です。

 

撮影を始めてから25年、奈緒ちゃんは32才になり家を出てグループホームに自立、お母さんは自ら起ち上げた地域作業所「ぴぐれっと」を見守り、弟記一くんは「ぴぐれっと」の中心的な存在、そして、お父さんはサラリーマンを定年退職・・・。

奈緒ちゃん一家四人の「しあわせ」は、カタチを変えながら今も発展途上です。

 

「ありがとうって言って」

映画を観る一人ひとりに奈緒ちゃんは問いかけます。

 

 

 

出演:奈緒ちゃん一家/脚本演出・編集:伊勢真一/撮影:石倉隆二照明:箕輪栄一/音響:渡辺丈彦録音:米山靖 永峯康弘 井上久美子音楽:横内丙午/テーマ曲:ARNOLD VON BRUCK作「AVE MARIA」/合唱:フレーベル少年合唱団/タイミング:笠原征洋スチール:内藤雅行 菊池喜孝/宣伝デザイン:ジオングラフィック上映デスク:相原余至子 東志津/題字:西村奈緒/絵:木島浜子/プロデューサー:渡辺哲也/製作協力:ヒポコミュニケーションズ 一隅社 クロスフィット ヨコシネD.I.A. 奈緒ちゃん一家 社団法人「ぴぐれっと」 グループホーム「みなみ風」 助川満 岩永正敏 守内尚子 大場健二 篠塚昌述 宮本皓司 野口香織 飯田光代 藤崎和喜 児玉真由美 山本起也 金聖雄 澄川嘉彦企画製作:映画「ありがとう」製作上映委員会 いせFILM/支援:文化庁


映画に寄せられた感想

”家族”っていいな。

そう思えるドキュメンタリーでした。

撮り続けることの凄さ、

撮られ続けることの凄さ。

面白かったなー。

奈緒ちゃんダーイスキ!

人と人は答えのでないなかを生きていく。

そんな当たり前のことが写っていました。

 

最初っから笑えてるのに、

なにか泣きたいような、

でも笑いながら泣いちゃいました。

奈緒ちゃんの「やさしく ありがとう」

という祈りが・・・、

それが平和の根っこかもしれない。

こんなに笑えるドキュメンタリー初めて!

愛情で結ばれた飾りのないまっすぐな言葉につつまれながら、懐かしい奈緒ちゃん一家の世界に帰ってゆくことができました。

自分自身の25年間を思い返しました。



映画関連商品のご紹介 「印刷用データ各種」からFAX発注書をダウンロードしてご送付、または「お問合せ」からメールにてご注文いただけます。

映画パンフレット「ありがとう 」

価格 700円(税込)+送料(実費)

 

 

 

DVD「ありがとう 」

2006年/105分 伊勢真一演出作品 

 

定価(個人視聴) 5,000円(税込)+送料(実費)

ライブラリー価格※ 30,000円(税込)+送料(実費)

 

※ライブラリー価格とは…

 病院・図書館・学校・公民館・地域のサークルや法人などで、不特定多数の方がご覧になることを想定して設定された価格です。

 少人数によるセミナーや研修などで、資料としての視聴が可能です。なお、上映権はついておりませんので予めご了承ください。

 

 

DVD「奈緒ちゃん 」

1995年/98分 伊勢真一演出作品 

 

定価(個人視聴) 3,150円(税込)+送料(実費)

ライブラリー価格※ 15,750円(税込)+送料(実費)

 

※ライブラリー価格とは…

 病院・図書館・学校・公民館・地域のサークルや法人などで、不特定多数の方がご覧になることを想定して設定された価格です。

 少人数によるセミナーや研修などで、資料としての視聴が可能です。なお、上映権はついておりませんので予めご了承ください。

 

 

DVD「ぴぐれっと」

2002年/98分 伊勢真一演出作品 

 

定価(個人視聴) 5,000円(税込)+送料(実費)

ライブラリー価格※ 30,000円(税込)+送料(実費)

 

※ライブラリー価格とは…

 病院・図書館・学校・公民館・地域のサークルや法人などで、不特定多数の方がご覧になることを想定して設定された価格です。

 少人数によるセミナーや研修などで、資料としての視聴が可能です。なお、上映権はついておりませんので予めご了承ください。