大丈夫。

ー小児科医・細谷亮太のコトバー


『風のかたち−小児がんと仲間たちの10年−』の姉妹編。

小児科医・細谷亮太、俳人・細谷喨々の世界を通じて

”いのち”に触れる、俳句で綴るドキュメンタリー。

ヒューマンドキュメンタリー映画  第85回2011年度キネマ旬報文化映画ベスト・テン1

『大丈夫。−小児科医・細谷亮太のコトバ−2011年/カラー/1時間25分



Flyer

画像をクリックすると大きな画像でご覧になれます。

ダウンロード
大丈夫。チラシ(表面)(PDF)
大丈夫チラシ(表面).pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 4.8 MB
ダウンロード
大丈夫。チラシ(裏面・下白)(PDF)
Daijyoubu2.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 566.6 KB

Movie information

ダウンロード
大丈夫。プレスリリース(PDF)
映画『大丈夫。』プレスリリース 5.1MB.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 4.8 MB
ダウンロード
Daijoubu English flyer(PDF)
2015大丈夫。英語版チラシ.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 4.2 MB

Introduction

”「大丈夫。」も、お祈りですね。”(細谷亮太)

あなたも誰かに「大丈夫。」と言いたくなるにちがいない。

「大丈夫。」は、小児科医・細谷亮太さんの口グセです。

診察を終えた病気の子どもたち一人ひとりに、必ずその一言を添えて励まします。

それは40年来、小児がん治療の最前線で、

子どもたちの「いのち」と向き合い続けてきた細谷先生の、

自分自身への励ましのコトバでもあるのかもしれません。


映画『大丈夫。』は、前作『風のかたち−小児がんと仲間たちの10年−』の姉妹編です。

10年の歳月を経て1,000時間にも及ぶ映像から完成した映画『風のかたち』には、

膨大な数の未使用映像があり、

そのなかには、合計20時間に及ぶ細谷先生へのロングインタビューもありました。

折にふれさまざまな場所で行われたインタビューが、

ほとんど使われずに残されていたのです。


細谷先生が、医師として、人として語った10年間のインタビュー映像と、

俳人・細谷喨々(細谷先生の俳号)の、

病気の子どもたちとの40年にわたる日々を綴った俳句……。

そこには、「いのち」を見つめるコトバたちがありました。


“「大丈夫。」も、お祈りですね。”

(映画『大丈夫。』より 細谷先生がふとつぶやいた言葉)


映画を観終えたらきっと、

あなたも誰かに「大丈夫。」と言いたくなるにちがいありません。

 

 

出演:細谷亮太(聖路加国際病院)/協力:スマートムンストン 聖路加国際病院 細谷医院 財団法人がんの子供を守る会 毎日新聞社 

キープ自然学校 そらぷちキッズキャンプ 石本浩市(あけぼの小児クリニック) 月本一郎(済生会横浜市東部病院こどもセンター) 

本橋由紀 中島晶子 近藤博子 鈴木彩 渡邊輝子 横川めぐみ/キャンプに参加した子どもたち:鈴木珠生 川田智之 中川太郎 高遠翼 清水晶子/

撮影:石倉隆二 世良隆浩/照明:箕輪 栄一/音響構成:渡辺丈彦/録音:永峯康弘/編曲:横内丙午/チェロ演奏:白神あき絵/編集技術:田辺司/

撮影協力:内藤雅行 田辺司 東志津 宮田八郎/制作:米山靖 助川満/題字:細谷亮太/宣伝デザイン:森岡 寛貴(ジオングラフィック)/

スチール:坂井信彦/上映デスク:保田 則子/製作協力:ヒポコミュニケーションズ 一隅社/

製作:いせフィルム スマートムンストン関連映画製作委員会/演出:伊勢 真一


映画に寄せられた感想

あえて何も言えないことは、

言葉でかざらなくてもいいんですね。


(50代・女性)

生きることとは、受け入れることなのだと。

喜びも悲しみも、

すべて受け入れることなのだと、

改めて心に刻みました。 

(40代・男性)

夢を持っている子どもたちが死んでいくのは、

とてもかわいそうだと思った。

細谷亮太さんは色々な意味ですごいと思った。

(10代・男性)

普通なら反抗期くらいの小児がんの子が、

「親に心配をかけたくない」

「苦しみを活かして医者になりたい」など、

一足飛びに大人になってしまった気がして、

切なくなりました。

(50代・女性)

温かい大丈夫、力強い大丈夫が、

どこからか来てほしい。

病む人に、病んだだけの救いを、と思う。

(無記名)

深刻な病気となると、本人も家族も周りも、

笑いが日常から遠いものになりがちですが、

そんな中でも前向きに受け止め、

自立している姿が、素晴らしいと思います。

また観たいです。

5才、7才の子どもも一緒に観ましたが、

子どもなりに一生懸命観ていました。

(40代・男性)

生きること、

今生きている自分はどうしたら良いのだろう。

「即答せよ。」と質問を突きつけられたような

気持ちになりました。

(50代・女性)



映画関連商品のご紹介 「印刷用データ各種」からFAX発注書をダウンロードしてご送付、または「お問合せ」からメールにてご注文いただけます。

DVD「大丈夫。ー小児科医・細谷亮太のコトバー 」

2011年/85分 伊勢真一演出作品

定価(個人視聴) 5,000円(税込)+送料(実費)

ライブラリー価格※ 30,000円(税込)+送料(実費)

 

※ライブラリー価格とは…

 病院・図書館・学校・公民館・地域のサークルや法人などで、不特定多数の方がご覧になることを想定して設定された価格です。

 少人数によるセミナーや研修などで、資料としての視聴が可能です。なお、上映権はついておりませんので予めご了承ください。

 

 

 

映画パンフレット

「大丈夫。ー小児科医・細谷亮太のコトバー」

価格 1,000円(税込)+送料(実費)

 

【採録台本 収録】

映画で紹介されている細谷喨々(医師 細谷亮太)の俳句を中心に構成した句集のようなパンフレット。

自筆の句とご自身のコメントが掲載されています。

「観てから読むか  読んでから観るか・・・」ぜひお買い求めください。

 

────────────────────────────────────────────────────

「亡くなる」という言葉を使うより「死ぬ」と言った方が私の悲しみが伝わる。

よそよそしくないからだ。

「死なれた」の方がより淋しい。

朝顔の花をみながら、いままで何人の子どもたちに死なれただろうと

ふと思った。

 

(『大丈夫。』映画パンフレットより)

 

────────────────────────────────────────────────────